災害用ウォーターサーバーの選び方

夏になると常に飲みたくなるのが冷たいお水。

ウォーターサーバーは東日本の災害が起きてからも重宝されているそうです。水を備蓄用にということで購入する人も増えているそうです。災害の認識の高さがわかります。

ではどうやって災害に適したウォーターサーバーを選べばいいのでしょうか?

ウォーターサーバーは最近では水道直結型の浄水器のようなタイプも人気です。このタイプだと、水道のお水を浄水させて飲むので水はボトルで配達というスタイルではなくなります。

日常的に利用するのはかなり楽ですし、おすすめのタイプですが、災害用には向きません。やはり災害を意識するのであれば、備蓄ができないといけません。ボトルでいくつか置いて置ける、賞味期限が長いもの、また専用のサーバーがなくても飲めるものというのがポイントになってきます。

ウォーターサーバーは、専用のサーバーに専用のボトルということが多いです。しかし災害のことも考えるのであれば、停電したときのこと、サーバー自体がなんらかの理由で使えなくなってしまったときのことも考えるべきですね。

ちなみに、サーバーにはお水が入っています。ほとんどの場合、どこのメーカーも水とお湯が出るつくりになっています。水を冷やす、お湯をあたためる、という作業をサーバーの中でしていますので、常に数リットルづつはすぐに飲める状態です。

備蓄用としてということも考えるのであれば、自宅にもある程度の置き場が必要です。常に使うもので備蓄ができれば1番です。上手にウォーターサーバーを選んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。