水道直結型の浄水器

水道水はちょっとまずい、カルキ臭いにおいが気になる、引っ越しをしたら水がマズくてのめなくなった…。などなど水道水が安全だとは言え、匂いや味が気になったことがあるという方も少なくないでしょう。

水道水を美味しくする方法はいくつかあります。簡単で手軽なのが浄水器を付けるという方法でしょう。浄水器は値段も手ごろなものからありますので、そこまで高価な浄水器を求めていない、という方でも手が出しやすいですね。

最近ではマンションなどの購入した自宅にすでに浄水器が付いているというケースもあります。最初から浄水器を付けてくれていると美味しいお水が飲めて安心ですよね。

しかし浄水器にはデメリットもあります。使ってみるとわかるのですが、かなりマメにカートリッジの取り換えが必要になることがわかります。カートリッジは専用のメーカーから取り寄せて付け替えなくてはいけません。自分でできる程度の簡単な作業ですが、自分でやらなくてはいけない、という意味でもあります。

一方、最近人気になってきている水道直結型のウォーターサーバーという方法について。浄水器とどこが違うの?という感じですが、まぁぶっちゃけ大きな浄水器ですよね。

普通の浄水器との違いは、常温水ではなく、冷水と温水を出すことができることです。出る水の温度を自由に調節できるので、すぐに好みの温度のお水を飲むことができます。

メンテナンスもウォーターサーバーの場合は、年1回や半年1回という場合が多く、手間がかかりません。さらにメンテナンスは業者の方にお任せ、というケースが多いので自分では何もやることがない、ということもメリットですね。

個人的には水道直結型のウォーターサーバーの方がおすすめです。が、やはり好みにもよるのかな、という感じですね。昔の人は水道水をそのまま飲んでいたわけですし、筆者も小学生のころなんかは、水道水をがぶ飲みしていました(汗。

昔はお茶を買うことすら信じられない時代でしたよね。それが今やペットボトルのお水やウォーターサーバーまでもが当たり前の時代になってきました。

自宅で美味しく、健康的なお水を楽しむためにも、水道直結型の浄水器かウォーターサーバーを利用してみることをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。