安いウォーターサーバーの落とし穴

ウォーターサーバーは美容室やオシャレな場所にあるもの…ではなくなってきました。個人の自宅に、まさに一家に一台あるもの、という時代になってきています。

ウォーターサーバーを選ぶときにあなたがポイントにするのはどんな点でしょうか?選ぶポイントはいろいろあります。お水の種類や味、ウォーターサーバーの雰囲気が部屋に合うか、毎月いくらくらいで使えるのか?などなど、気になることは多いですよね。

今回は、「安いウォーターサーバー」について少しご紹介したいと思います。

「安いウォーターサーバー」ってどんなウォーターサーバーでしょうか?

一般的には「月額料金が安くすむウォーターサーバー」を探している、ということになると思います。

では月額料金とは?

ウォーターサーバーって一般的には「飲めば飲むほどお金がかかる」というのが普通です。ということは、たくさん飲む人は高額になるし、少量しか飲まない人は安くなるというのが鉄則です。

では少し見方を変えてみましょう。

「安い」というのを、「お水の料金が安い」という考え方をしてみると、少し具体的になってきます。ウォーターサーバーはだいたいボトル12リットルを1本○○円という具合で販売しています。なので、1リットルあたりいくらかな~と計算してみれば、安いか高いかわかります。

ウォーターサーバーでは天然水とピュアウォーターというようにお水の種類がありますが、天然水の方が高額になる傾向にあります。天然水を自宅で飲みたい方は、少し高額になっても仕方がないかもしれませんね。

ピュアウォーターとは簡単に言うと、人工的にろ過したお水のことです。不純物は取り除いてありますし、充分美味しいお水として飲むことができますよ。天然水より安く購入できるのもポイントです。

いろいろ考えだすと、ウォーターサーバー選びは迷ってしまいそうですが、月額の値段のことを気にしながら飲むことになるくらいなら、飲み放題のウォーターサーバーを選ぶのもいいでしょう。

月額定額で飲み放題なので、今までのウォーターサーバーのように飲んだ分だけお金がかかる、ということはありません。水道直結型とか、月額定額制、なんて言われている種類のウォーターサーバーになります。

安いウォーターサーバーとは、人によって少し違います。たくさん飲む人にとっては、月額定額制は安いウォーターサーバーになるでしょう。しかし定額以下の料金分しか飲まないような場合は、少量づつ購入した方が安くなる場合もあります。

ご自分の家庭でどのような飲み方をするのか、どのような飲み方をしたいのか、考えてピッタリ合うウォーターサーバーを選んでくださいね。

 

水道直結型の浄水器

水道水はちょっとまずい、カルキ臭いにおいが気になる、引っ越しをしたら水がマズくてのめなくなった…。などなど水道水が安全だとは言え、匂いや味が気になったことがあるという方も少なくないでしょう。

水道水を美味しくする方法はいくつかあります。簡単で手軽なのが浄水器を付けるという方法でしょう。浄水器は値段も手ごろなものからありますので、そこまで高価な浄水器を求めていない、という方でも手が出しやすいですね。

最近ではマンションなどの購入した自宅にすでに浄水器が付いているというケースもあります。最初から浄水器を付けてくれていると美味しいお水が飲めて安心ですよね。

しかし浄水器にはデメリットもあります。使ってみるとわかるのですが、かなりマメにカートリッジの取り換えが必要になることがわかります。カートリッジは専用のメーカーから取り寄せて付け替えなくてはいけません。自分でできる程度の簡単な作業ですが、自分でやらなくてはいけない、という意味でもあります。

一方、最近人気になってきている水道直結型のウォーターサーバーという方法について。浄水器とどこが違うの?という感じですが、まぁぶっちゃけ大きな浄水器ですよね。

普通の浄水器との違いは、常温水ではなく、冷水と温水を出すことができることです。出る水の温度を自由に調節できるので、すぐに好みの温度のお水を飲むことができます。

メンテナンスもウォーターサーバーの場合は、年1回や半年1回という場合が多く、手間がかかりません。さらにメンテナンスは業者の方にお任せ、というケースが多いので自分では何もやることがない、ということもメリットですね。

個人的には水道直結型のウォーターサーバーの方がおすすめです。が、やはり好みにもよるのかな、という感じですね。昔の人は水道水をそのまま飲んでいたわけですし、筆者も小学生のころなんかは、水道水をがぶ飲みしていました(汗。

昔はお茶を買うことすら信じられない時代でしたよね。それが今やペットボトルのお水やウォーターサーバーまでもが当たり前の時代になってきました。

自宅で美味しく、健康的なお水を楽しむためにも、水道直結型の浄水器かウォーターサーバーを利用してみることをおすすめします。

 

ウォーターサーバーのランキング

ネットを検索すると出てくる、ウォーターサーバーのランキング。

あれって本当のランキングなんでしょうか?どうやって調べたの?って聞きたくなるような記事も多くて、見ればみるほど迷ってしまうのが私の現状です。

本気で考えれば考えるほど、わけがわからなくなってきて、最終的にはどこでも満足なんじゃね?とか思うようにさえなってきます。

 

やはりポイントとしては、○○ランキングというように限定したランキングをチェックすることです。ウォーターサーバーの中でもジャンルというか種類がいろいろあるので、その辺を少し絞ったランキングを検索するのがよいですね。

例えば、「ウォーターサーバー おすすめ」だと、なぜおすすめなのか?何がおすすめなのか?がザックリしすぎているため、ランキングを見てもしっくりきません。

「ウォーターサーバー 2019」とか「ウォーターサーバー 最新」も同じです。あまりおすすめの検索方法とは言えません。

おすすめなのは、「ウォーターサーバー 安い」とか、「ウォーターサーバー 天然水」とかですね。少し絞れてきたのがわかると思います。

「ウォーターサーバー RO水」「ウォーターサーバー 水道直結」「ウォーターサーバー 月額定額」なんて絞り方をすると、適格なランキングをチェックすることができますね。

とくにRO水なんてのは、ちょっと知識がある人だからこそ検索できるキーワードになります。そういう専門的なキーワードを入れていくと、より詳しい情報を得ることができます。

あとは家族の人数や、住んでいる地域で検索してみるという方法もあります。赤ちゃんや犬でも飲める水のウォーターサーバーを検索してみるのもいいですね。

住んでいる地域での特徴としては、沖縄や北海道などの離島ではウォーターサーバー対応していないこともあります。なので、地域名でチェックしてみるというのも方法のひとつです。「ウォーターサーバー 北海道」とか、こんな感じですね。

 

ウォーターサーバーのランキングはいろいろあります。総合的なランキングもあれば、ある程度条件が絞られたランキングもあります。ご自身がどのようなウォーターサーバーを求めているのか、を明確にして、参考になるランキングをみつけてくださいね。

 

災害用ウォーターサーバーの選び方

夏になると常に飲みたくなるのが冷たいお水。

ウォーターサーバーは東日本の災害が起きてからも重宝されているそうです。水を備蓄用にということで購入する人も増えているそうです。災害の認識の高さがわかります。

ではどうやって災害に適したウォーターサーバーを選べばいいのでしょうか?

ウォーターサーバーは最近では水道直結型の浄水器のようなタイプも人気です。このタイプだと、水道のお水を浄水させて飲むので水はボトルで配達というスタイルではなくなります。

日常的に利用するのはかなり楽ですし、おすすめのタイプですが、災害用には向きません。やはり災害を意識するのであれば、備蓄ができないといけません。ボトルでいくつか置いて置ける、賞味期限が長いもの、また専用のサーバーがなくても飲めるものというのがポイントになってきます。

ウォーターサーバーは、専用のサーバーに専用のボトルということが多いです。しかし災害のことも考えるのであれば、停電したときのこと、サーバー自体がなんらかの理由で使えなくなってしまったときのことも考えるべきですね。

ちなみに、サーバーにはお水が入っています。ほとんどの場合、どこのメーカーも水とお湯が出るつくりになっています。水を冷やす、お湯をあたためる、という作業をサーバーの中でしていますので、常に数リットルづつはすぐに飲める状態です。

備蓄用としてということも考えるのであれば、自宅にもある程度の置き場が必要です。常に使うもので備蓄ができれば1番です。上手にウォーターサーバーを選んでいきましょう。